エステサロンの明日

日本のエステサロンの現在とこれからを考察するサイトです。

Archive for the ‘エステサロンのスタッフ’ Category

エステサロンの経営や集客方法

エステサロン業界について

大手でもエステサロンがチェーン店化して、全国各地にも店舗が存在するので、それだけ経営の仕方によっては売り上げが上がる業界でもあると言われています。ただお客さんが通ってくれなければ意味がないことで、集客のための宣伝や販促に力を入れていくことが必要です。

一昔前はエステと言えば、女性が通うもので、しかもある程度、お金に余裕があるセレブの御用達というイメージがありましたが、現在は男性にも広がり、しかもある程度の経済力があれば通うことが出来る店舗として捉えられています。また一度、行っても数回に渡って通うことで効果が期待できるため、一度1人の人が通ってくれれば、それだけ売り上げの向上にも繋がっていくものです。

勿論、人口が多い東京・大阪・名古屋等で乱立されていますが、地方部でも根強い需要もあり、ほぼ全国を網羅しているエステサロンもあります。一番、エステサロンが栄える上で必要となるのは、評判の良さです。大手ならではの安心感があること、無理・無謀な勧誘がないこと、料金もリーズナブルであること、効果が非常にあったことが評判の良さに繋がります。

確かにネット時代にあって、多くの大手のエステサロンの情報を記載されていることが多くなり、そういった所で評判や口コミを見かけることが出来るようになりました。ただこうした口コミや評判は、あてにならない面もあるため、無条件で鵜呑みにするのは危険です。

個人で開業した場合の経営や集客方法について

大手のエステ店に勤務している人にとっては、大手ならではのマニュアルの存在やノルマなどがあり、もっとこうした方が良いのにという意見や考えを持って働いている人も多いです。そのため、自分の考えるエステ技法を展開したいため、エステ店を独立開業したりすることもあります。

そういった場合に、一番大切なのは経営と集客方法です。経営に関しては、会社設立までに至らないでも個人事業主という形態をとります。収益を上げる上でかかった費用の領収書等を保管して置くことが重要です。そして、集客については、どういったお客さんに来ていただくか、来て頂いたお客さんと如何に信頼関係を構築していくかに焦点を当てることが鍵を握ります。

個人で起業した場合には、集客の方法に関してのノウハウがないため、厳しい経営を強いられることが多いですが、逆に言うと大手では味わうことが出来ないサービスを追求することが可能となります。仮に大々的に集客してもスタッフ自体が居ないため、多くのお客さんに施術を施すことは出来ません。

ただ大手にはない拘りを持った方法や規模を維持するために投資をする必要がないため、それだけリーズナブルな料金でサービスを提供できたりするメリットもあります。なお集客方法としては、個人で開業した場合においては、地域にちらしなどのポスティング、ネットでのホームページの作成、タウン誌の宣伝等の方法があります。特にちらしのポスティング効果は、地域で店舗のことをより良く知ってもらうためにも必要なことです。

またちらしにホームページのURLを記載しておいて、そこでお客さんが情報やクーポンを活用できる仕組みをとると相乗効果も高まります。